タカコ日記

猫3匹と暮らしています。2018年11月17日、末っ子のサヴァが慢性腎臓病と診断されました。2019年3月17日、皆と上手にお別れをしてから旅立ちました。

後悔していること、そういえば腎臓病の前兆だったかもしれないこと

【後悔していること】

少し時系列を離れて、2017年12月に健康診断をした時に実はBUN60、CRE1.6という結果が出ていました。この時にちゃんと尿検査をしておけば、今も低いステージで維持できていたのかもしれません。

 

更に、BUNが高いことについてもっとちゃんと調べれば良かった。食事の内容にも影響されるとはいえ、BUN60は腎臓病の事を少しでも知っている飼い主さんだったら危機感を持って調べるなり、行動し始めていたことでしょう。

 

あの時先生は、BUNは腎臓以外にも影響されることがあるから様子を見ましょうとのことだったけど、せめて翌月に再検査するべきだった。

 

今悔やんでも、もうどうしようもないし、サヴァには謝っても謝り切れないけれどあの時に戻りたいと、油断するとすぐ考えてしまいます。

 

2018年の2月には住んでいる地方が大雪に見舞われました。

いつもサヴァは中庭で排便、排尿しているのですが、わざわざ雪の上を選んでしていました。
白と黄色のコントラストが鮮やか過ぎて、今でもサヴァの尿が黄色かったのが目に焼き付いています。今はもう見られないサヴァの黄色いおしっこです。(おしっこを連呼する30代女性)

猫の黄色いおしっこは宝ですね。うちではちゃーさんが、去勢済みなのにスプレーするので叱っていましたが、サヴァの件があってからはおしっこの臭さが嬉しくて仕方がありません。

 

脱線しましたが、更に時間が経った5月頃、あれ?サヴァ水飲んでる時間長い?と、ふと思う時がありました。

「多飲多尿は病気のサイン」なんてことは知っていましたし、それが気のせいかなと思えるほど水を飲む時間が短い時もあり、結局確かめないままでした。

その頃は大容量の流れる水飲み器を使っていましたが、飲水量のチェックもせず、掃除も2日に一度程度…。今思うと信じられないことですが。

 

そうしてその後2018年の夏は例年のように過ぎていきました。サヴァも暑そうにお腹を出してダラダラ。ひんやりマットを買ってやりましたが、差し込むと嫌がって移動してました。

誰も使わないひんやりマットを見て飼い主を哀れに思ったのか、みけさんが愛用してくれました。

 

あれ、おかしいなと思い始めたのが10月頃、最近サヴァが走らないなと感じる事が増えたこと。茶色や緑色の嘔吐跡が結構な頻度であることに気が付いたのがきっかけでした。それでさえ、草が混じった嘔吐だから草を食べて吐いたんだろうと軽く考えてしまったことが悔やまれます。

 

病気が発覚した2018年の11月も、サヴァは食欲旺盛で走り回っていました。でも体は辛かったでしょう。気づいてやれなかった…というかいくつもヒントがあったのに軽視していた自分が情けなく、悔しいです。

 

 後悔していること、箇条書きにしてまとめておきます。自分のために。

 

・2018年1月に再検査に行けば良かった。
・飲水量を把握しておけばよかった。
・尿や便を把握できないから、中庭に出すべきでは無かった。
・水を飲む量に、あれ?と思ったときに検査をしておけば良かった。
・猫は嘔吐するもの なんて思ってはいけなかった。
・食欲が旺盛なのを過信してはいけなかった。(栄養不足になっている可能性)
・年に2回の健康診断をしておけばよかった。
・欲しがるからと、日常的に刺身を沢山食べさせてはいけなかった。
(高たんぱく質すぎるのと栄養のバランスが悪く、腎臓に負担がかかる)

・おやつをあげすぎてしまう家族にも、ちゃんと説明すればよかった。

 それでもあげるなら、おやつを隠すとかおやつをあげれない根本的な工夫を

 すればよかった。

 

過ぎた時間は戻らないし、どんなに悔やんでもしてあげられることが限られているというのは本当に辛い事です。

f:id:platinum2511:20190303154305j:plain

この家暑いんだよにゃ 

 

 【もしかしたら腎臓病のシグナルだったのかもしれないし、関係が無いかもしれないこと】

今となっては分からないけど、何か腎臓病を発症するまでに関係があるかもしれないこと。これも自分のためにまとめておくことにしました。

 

・1歳ぐらいの時から、サヴァは体臭がする猫だった。(獣臭いような

 おじさんの整髪料みたいな臭いがする時があった)他の2匹はしない臭い。

 ・3歳ぐらいの時に、ものすごくよく食べる割には体重が増えないと思って

 検査しに行ったものの、その時は異常が見つからなかった。

 ※完全室内飼いだけど、四方を囲った中庭には出るので寄生虫かと思って

  検査してもらった。

 ・病気が発覚する1~2年前ぐらいから、頭のてっぺんがネズミのおしっこ臭い時があった(アンモニア臭?)四方を建物で囲まれた中庭の一辺は蔵で、蔵の下にも潜り込めるスペースがあり、ネズミがおしっこした所をくぐり抜けたのかなぐらいに考えていた。

 
身の回りで、腎臓病になった子の飼い主さんから猫ちゃんがそれまで興味を示さなかった人間の食事に興味を示すようになって、うかうかしていると盗み食いされると聞いたことがありました。
サヴァも、3~4歳ぐらいまではそこまで食卓の食べ物を盗み食いするほどではなかったと記憶しています。
腎臓が悪いと分かれば納得がいきます。栄養が再吸収されなくて流れ出てしまうのですから、栄養不足の状態になるんですもんね。 

 

 

自分のためと、少し誰かの助けになれば良いなと、まとめておきます。

私だってこんな後悔、何度も猫ちゃんのブログなどで目にしてきました。
そうか、辛かっただろうなと飼い主さんの気持ちを思いつつ人間、わが身に降りかからないとなかなか意識しないものです。